« 色鉛筆の表現力 | トップページ | かのんの肖像 »

真夏の方程式

        Cocolog_oekaki_2013_08_18_08_45

東野圭吾氏のおなじみガリレオシリーズ「真夏の方程式」を熟読しておりますbook

映画も上映されていますね~こちらは観てませんが…

やっぱり原作とは違う部分が多々あると思われますし…キャスティングとか自分の思い描いた感じでないと、どうも違和感感じるかと思いますのでcoldsweats01

原作は期待を裏切らない、ちょっと考えさせられる作品ですよ~

ネタばれになるので多くは語れませんが、子供嫌いの湯川先生と、少年との意外な交流shine

美しい海でのきらきらしい夏休みの思い出(実験だけど)のくだりは、何度読んでも「いいなああ~」

もちろん東野氏ならではの入り組んだミステリーにも、驚かされたり、感心させられたり致しますgood

人の心の奥深さ、尊さ…悲しさやせつなさ…

数奇な運命に翻弄される人々…

科学と自然の調和…

てんこもりだけど、すんなり入り込めてしまうのはさすがの筆術ですね~

真夏の暑い盛りに、美しい海を想像しながら読むには最適な一冊だと思いましたhappy02

|

« 色鉛筆の表現力 | トップページ | かのんの肖像 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

東野圭吾さん、達筆なわけね~~book
わたいも、少しでも涼しくなるような本、
探さねば~~あぢぢぢぢsun

投稿: ちゃちゃわんわん | 2013年8月18日 (日) 13時39分

ちゃちゃわんわんさまhappy01

読後はすっきりさわやか~shineとは行きませんが^^;
何度も読み返してみたくなる作品ではありますよ~
夏の描写もさながら、今読むと臨場感たっぷりだったりしてwink
涼しくなる本か~~やっぱり怖い話かな?shock

投稿: くーろん | 2013年8月18日 (日) 17時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 色鉛筆の表現力 | トップページ | かのんの肖像 »