« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

こなこな;;

         Cocolog_oekaki_2012_10_27_14_02

ここのところ朝晩、めっきり冷え込んでまいりました(^_^;)

例年だと、とっくに出しているホットカーペットをそろそろ出した方がいいかな~と思い、押入れから出して見たら…覚悟はしてましたが…細かいこなこなの攻撃にあってしまいbearing

これね~だいぶ前からこうなんですが…謎の粉がすごく出るんですね;

それもとても細かくて、掃除しても掃除しても出るのですが…なんだか久々に出して見たらそれが一層ひどく感じられて…

いったん敷いてみたものの…夜中、どうもそのこなこなが気になって眠れない;(もちろんカバーかけてるのですが)

気のせいだとは思うのですが、空気中に粉が舞ってるような気がするんですねsad

くーろん、咳持ちですし…すでになんとなく喉がいがいがもしてますし(風邪?)、なによりちっこいかのんに何か影響があっても困ると思ったら居ても経ってもいられなくなって…

…でも、さすがに真夜中は近所迷惑も甚だしいので我慢して寝ましたが(^_^;)

朝起きて、ちゃっちゃと片付けて(1日しか経ってないのに、すごい粉の量でした;)もうこのホットカーペットは廃棄することにしました;

まあ…これでも7年くらいは使ったので……

この先、新しいカーペットを買うか…貧乏極まりないので湯たんぽで凌ぐか…検討中でございますgawk

                           art

さて!ペットちゃんの肖像画計画ですが(^◇^)、ココログでお世話になっているお友達のご厚意による依頼でスタートですshine

ちょっと緊張しますね~でも気合入り過ぎて失敗ってよくあるので…きっちりイメージ固めてから制作開始致しまする(^^ゞオマチクダサイマセ~オハギサマ

まだまだ色々考えねばならないことがあるので~大々的にオープン!とは行かないですが、着々と進めて行きたいですね!(^^)!

なんとか近々には「こんな感じ~」というご紹介が出来たらいいなと思いますです、はいcoldsweats01

| | コメント (12)

登録完了です~♪

秋向きな、かのんのうまうまお絵描きがフォトライブラリーに載りました(^^ゞ

→ こちら

よろしければご覧くださいませ~(^◇^)

それにしても…なぜかデータにすると、黄色が際立った感じになってしまいますね~;

印刷するとまた色が変わってしまうんですよね(^_^;)

これはもう致し方ないところですかね~sweat02

さてさて!昨日イラストボードも購入しましたし(普通の、よくある紙ですが)、これからまた、どしどし描かないと!ですね(^◇^)

| | コメント (4)

考えていること…

Img0281 インコちゃん、完成しましただ(^^ゞ

前回のかのん共々、またフォトライブラリーに登録待ちしているので、通ったらまた見てくださいまし~<(_ _)>

この絵では特に「丸さ」とか「ふっくらしたやわらかさ」を意識していますwink

鳥さんなんですけどね~すらりとした…というより、まるっとぽてっとした可愛らしさを出して見たいと思って描いてみました~(^_^;)

で、ですね~ちょっとくーろんが考えていること…

家族の一員である、ペットちゃんの肖像画、なのですshine

油絵ではないので立派でも仰々しくもないですが…絵ならではのニュアンスで思い出の一つのように感じていただけたら…

なんて、思ったりしているのでありまする(^^ゞ

まだ、まったく始動していませんが…額絵の形で…あまり大きいものではなく(最大でもA4くらいまで)簡単な額に入れて、原画と印刷と両方で考えていますart

写真からイメージさせていただき(ご要望も出来る限り承ります)、いつもの水彩ベースで描かせていただきますが、演出等はお任せいただきたく思いまする(^_^;)

まあ…問題はいくつもあり…どうPRするか販売方法はとか…悩むところなのですが…

とりあえず、これからまだサンプル作品をいくつか制作していかないとな…と思っております~happy02ヨロシクデス

| | コメント (14)

気を取り直して…

皆様!たくさんのエールをありがとうございます!\(^o^)/

このお声にささえられて、くーろんは前進して行かれるのでありまする~アリガタヤ(^◇^)

Pa0_0221 気を取り直して(^_^;)

描いております~インコちゃん~chick

この紙はワトソンという種類の水彩紙で、大変水に強く滲み方も綺麗ですshine

目の粗いタッチが出るので、そういった特性をいかして水彩色鉛筆を重ねてみても面白い効果がでます(以前、宇宙空間とほうずき猫 それで描いてみました → こちら

目新しくはないですが…これはこれで気に入った調子なので…(^^ゞ

完成に向けて、もうちょっとがんばりまっす!(^^)!

| | コメント (10)

げんなり…;

        Cocolog_oekaki_2012_10_19_15_08

はるばる新宿まで、画材探しにやってきたくーろん…

大手画材屋ならば、前回描いた色紙の全容がわかるのではと思ったわけですが…

店員に聞いてみたらば、なにやら話が食い違っていて、こちらの意図がまったく伝わらないangry

勝手に思い込んでいて人の話もよく聞いていないし、よく現物を見てもいないのですっかり腹が立ってしまいましたpout

大きな画材店の店員でこのレベルの低さ…ひどいですね~sweat01

新宿が本店のこの店…支店はともかく…もう、ここには2度と来ません!

まあですね、わかったことは…和紙を張った色紙ではないであろう、と言うことですね~

もしくは和紙張りなんだけど、特殊加工をしてあるものか…

なので、ちょっと視点を変えまして~イラストボードの中から似たようなものを、また後日探して見ることにします(安くでありそう^^)

とりあえず、あまりに幻滅したので…これ以上探す気力も、歩きまわる気力もうせてしまい…

牛タン食べて(チェーン店の、ですが)、ハーゲンダッツを、とことんうまうまして、少し気分が回復したところで帰還致しました!(^^)!

サービス業のサービスというか、当たり前の対応が落ちている、出来なくてもそれで「しかたない」と、そのままでいる…どんどんそれがひどくなっている…

そんな気がひときわ強くしてしまった今日この頃でしたbearing

| | コメント (14)

がっくり……;

和紙張りの色紙が思いのほか面白い効果が出たので、次もそれで描いてみようと勢い込んで画材屋へ出向いたくーろん…

知らなかったのですが、種類がいろいろあるんですね~@@

見た感じ、前回とまったく同じものはなかったのですが、松だの竹だの白鳥だのという名前の色紙を買ってみることにしましたconfident

これ、最近流行の絵手紙によく利用されてるようですね~イラストボードの種類は全然ないのに色紙は妙にあって、人気のほどが伺えましたcoldsweats01

よくよく見るとはがきも売っており、画仙紙っていうんですね~この和紙張りの画材…それもいくつか種類があったので一般的なものをひとつ試しに購入してみました^^v

さて!では、描いてみましょうかね~

…と、やってみたらば…

あらららららsweat01えーーーsadだめじゃん!

まずですね…紙が水に弱くてぺりぺりと剥けてきますcryingえええええ!絵手紙どうやって描いてるの?!もしや…あまり水でぼかしたりとかしないで、べったりと描くだけなのでしょうかね~;

他の種類は…鉛筆を消すと…べりべり剥けます…cryingなして~?!

そして!致命的なことに…にじみが綺麗に出ません……オーマイガッTT

…あの、かのんを描いた最初の和紙張りは…もしかして…すごくいい画材なのかもしれません……

まあ…今回くーろんが購入したの、安かったですけどもね;;もしかして、そのあたりで違いが?

もう…がっかりですよ~~~bearing

明日にでももう一度画材屋行って探して見ますが……ないのかな~~あんまり高価でも困るし…

Pa0_0212
なんだか怖くなってきましたよ~またうまく色が乗らないんじゃないかとか…ぺりぺり剥けるんじゃないかとか…思ってしまってdespair

気分を払拭するために、いつもの水彩紙でちょっと描き始めてみましたart

あはは…当たり前だけど…ちゃんと色が乗りました^^v

せっかく面白い効果を見つけたのにな~そんなに中々手に入らない紙なのかな……(そんなばかな…)

和紙にうといので名前もわからないんですよ~「これと同じの」と言うしかないですね(絵描いちゃってるけど^^;)

出鼻くじかれて、がっくりなくーろんなのでありましたdespair

| | コメント (12)

ちょっびっと新しい試み

Pa0_0212くーろん母がもらったという和紙張りの小さな色紙…直接描いても良し、何かそこに張っても良しとの代物だったのですが、くーろん母はどうしていいやら思いつかなかったらしく、

「あんた、何か描いたら?」と、くーろんに託してしまったのでありますcoldsweats01

和紙ですが、比較的つるりとした加工がしてあり、水彩のにじみなどは出にくいかも…と思いつつ、なんとなく、それでも描き始めたのですが…

これがですね!出来てみたら、思いがけず面白い効果が出ましたhappy02

ベールをかぶったような、ふんわりしたニュアンスが出るんですね~art水彩だけだと、ぺったりした感じになりそうですが、水彩色鉛筆を何層も重ねることによって味わい深い画面になっていきますgood

温度が感じられるような雰囲気に仕上がって、ちょっと自己満足でうちのプリンターではがき印刷してみたら…

うわあ!自分でもびっくりするような色の変化が!

すんごい濃くでちゃいまして…やはり原画とデータから起こす印刷は差が出ますね~sad

データの段階で色調調整が必要ですね;プリンターによっても違いは出ると思います;

でも、この画材はちょと面白いので、これから何枚か描いていきたいと思いますwink

新しいくーろんのスタイルとして…確立できたらいいな~art

それに関連して考えていることもありますので~整理できたら聞いてやってくださいなup

| | コメント (12)

もひとつですが…;

Photo ちょと不本意な出来ではありますが…;

やはり、デジタルではにじみとか、微妙なニュアンスが出せないくーろんですcrying

はじいた色むらも少し気になるところですが;これはこれで止めて置くことにします;;

アナログで同じようなものを描いてみるかも~ですcoldsweats01

Dscf07191 秋のばら苑の模様は  →  こちら (お時間ありましたらどうぞ^^;)

| | コメント (6)

愛犬の肖像

Photo 途中ではありますが…

実家の犬、メリーはもう推定で13歳くらいなのだそうです(^_^;)

テリアと柴犬のハーフらしく、耳やしっぽが柴犬、顔や毛の固いところはテリアの血が濃く出ていますhappy02

もう成犬になっていたのを公園につながれて、おきざりにされていたメリー…

それをくーろん父がみかねて連れてきて、警察で飼い主がくるのをちょっと待っていたけれど…やはり現れることはなく…

あのうるっとした目でみつめられて、たまらなくなったのでしょう^^;とうとう、くーろん父がひきとってきて現在に至るのであります(^^ゞ

なので、正確な誕生日などはわからないのですが獣医さんが言われるにはもう13歳くらい、とのこと…

でもまだまだ足腰も丈夫で元気!父といっしょに毎日元気に散歩に行ってますshoe

それでもやや年取ったかな…という感じは、たまに逢うからでしょう…ありますね~;

この子、立ち上がるとくーろんの胸辺りまで身長がありまして、くーろんも167cmとでかい方ですから、大きいんですよね~(一応、中犬ってことですが)

なにかあったとき…これまた年老いた両親が対処できるか…そんなことも心配になってきています;

今からそんなこと言ってても仕方ないですよね~coldsweats01

メリーに失礼かな(^^ゞ とにかくこの先もかのん共々、元気で過ごしてもらいたいと心から思うくーろんなのでありました(*^_^*)

| | コメント (16)

圧巻!

Pa0_0018 東京都現代美術館にて開催されている、特撮博物館を見てまいりました(^◇^)

詳しい模様は → こちら !(^^)!

まずですね~このいにしえの特撮に使用された品々に感動!(^^)!

制作者の愛情や情熱がひしひしと感じられますshine

そして!庵野監督による短編映画の大迫力にも大満足!!

センスが光る展示会になっておりました(^◇^)

ちょっと行きにくくて、今回くーろんは初めて行った美術館ですが、企画がユニークで面白いものをちょくちょくやっているとのことなので、何かの折にまた行ってみたいと思いましたよ~ウマウマモアルシネ(^^ゞ

| | コメント (14)

カルチノイドという病…

        Cocolog_oekaki_2012_10_03_14_09

今朝の訃報に驚きました;

流通ジャーナリストとしてTVなどでも活躍されていた金子哲雄さんが、41歳の若さで亡くなられたという…weep

しかもその病名が「肺カルチノイド」

ちょっと聞くと、まるで健康食品のような名ですが…腫瘍の一種なのだそうです…;

それも極めてまれな…進行の遅い病だそうで…

今回、おはずかしながら初めて知りましたsweat02

金子さんは、そういっては失礼かもしれませんが、大変可愛らしく愛らしいキャラクターで、難しい内容の話も楽しく、わかりやすい表現で語られていたように記憶していますkaraoke

そういえば…最近お見かけしないと思っていましたが…

仕事のときはまったく咳き込むとか、息苦しさも見せずに、誰にも病状を語らずにいた、という姿勢が痛ましく、潔く感じられます…

世の中にはまだ、こんなあまり知られていない恐ろしい病気というものが存在するのだな…

気をつけてもどうしょうもないものかも知れませんが…皆様、どうかご自愛くださいね;

| | コメント (14)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »