« PC入院; | トップページ | プロバイダ変更 »

なぜか蘇る…

Photo ふいに思い出して、それがなぜだか脳裏を離れなくなりました…

それは「まぼろしの白馬」という児童書^^

映画にもなったようですね~ → こちら

この「海の泡から生まれてくる白馬」の情景は、ありありと目に浮かんできますshine

リアルなカラーの挿絵があったわけでもないのですが…

子供の頃の強烈なイメージが未だに残っている…と言う事なのでしょうね~

一世を風靡したハリーポッターもそうですが、児童書中々あなどれません(^◇^)

ところで女性作家のものは、ご飯のシーンがみんなおいしそうだった記憶が濃厚です!(^^)

ホグワーツ(ハリーの行っている魔法学校)の夕食風景や、この「まぼろしの白馬」に出てくる砂糖がかかったクッキーだの、マーマデューク(館の隠れシェフ)のささやかな(?)朝食風景等々…!

日本人の、特に昭和の子供にはかなり縁遠いなんとか漬けのケーキだの、なにやらのパイなど、味は想像するだけでしたが、それでもよだれが出たもんです^^

そういえば「赤毛のアン」なんかもケーキや果汁のなにやらのジュースだのが、おいしそうでしたね~~そうそう、「若草物語」とか「大草原の小さな家」とかもね♪

「若草物語」でライムをかじるシーンがあったと思うのですが、「すっぱい」と言う記述に、幼かったくーろんは梅干ししゃぶりながらそのシーンにひたってたものです(^_^;)

あはは…;ソーダ入りクラッカーなんて、あの飲むソーダ入ってんのかとか思いましたけどね~(「大草原の小さな家」のお正月シーン)

なんだか今、その頃感銘受けたこれらの児童書を、ごっそり読み返してみたい気分です(*^_^*)

|

« PC入院; | トップページ | プロバイダ変更 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あっ、わかりにくい書き方してましたね。
メーカーって、パソのメーカーに修理依頼見積もりを
パソコン上でやったら6万。キャー。
近所のも、まあよんだらどんどん上積みなのかもしれませんけどね...

あれ?よみがえるってパソコンの話じゃなかった。
ということは、いま代替でされてるのかしら...アップ...

えーと、波から白馬が生まれるって話、
民話とか神話だったかな?でみたことがあるような気がするのですが、
この本は読んでないかも!よんでみたいです。
私の子供のときに刷り込まれた本は、リンドグレーンが一番かも。
童話というか、ファンタジーのなかでは。
あとはナルニア...ルイスですね...
リンドグレーンは、「ミオよ、わたしのミオ」というのがずば抜けて
刷り込まれた気がします。
死の悲しみとか喪失感、とか、どこかダークな雰囲気が
あるものを好んだのかもしれない。
といいつつリンドグレーンってピッピも書いてるんだけど(笑)。

投稿: めんまねえちゃん | 2010年11月24日 (水) 01時02分

めんまねえちゃんさまhappy01

ねえちゃんは薔薇の名前といい、作家の名前といい、よく覚えてらして(調べてもいらして)感心しきりです(^◇^)
「長靴下のピッピ」とか有名な作家ですね~リンドグレーン…
くーろんは読んでないかも、です;
ナルニアは好きで読んでましたが、意外にもあんまり記憶に内容が残ってなくて映画見て「は~こんなだったけ?」とか思う始末despair
ハリーもかなりダークな部分がある児童書なので、ねえちゃん好みかも(^◇^)
「…白馬」はそういう民話を元に出来ているファンタジーです♪
とにかくご飯がうまそうで…ってそこが強烈に印象に残ってるくーろんっていったい……(^_^;)

投稿: くーろん | 2010年11月24日 (水) 06時43分

この記事へのコメントは終了しました。

« PC入院; | トップページ | プロバイダ変更 »