« 消しゴムで消して見よう | トップページ | 薔薇 »

ほんとに表現したかったこと

ふと立ち寄った本屋の美術コーナーで延々あれこれと見ていて

「ああ、そうだ…こんな風に描きたかった…こんな感じに表現できたらどんなにいいだろう」

と、軽く衝撃を受けていました;

Doll_2 それは、下絵も修正もしないでボールペンだけで描かれたイラストだったり

創作人形だったり、ややグロテスクな海外物のイラストだったりしたのですが

その自由な表現や、色彩のものすごさに圧倒されてしまい

自分はどこかまだ「殻にこもっている」感を強く受けてしまいましたthink

元々、エージェント(イラストレーターとクライアントを結ぶ役割の職業・派遣営業に似ている)に

「可愛いけど気持ち悪い」「色合いが一般に受けない」「可愛いなら可愛いように」

のように言われ、以来、自分を押し殺して描いてきたかもしれません;

(それでも売れませんでしたが;)

商業デザインってそういうものだと思うのですが…

今、まったく仕事のない時、この時だからこそ殻を破ってしまうチャンスかもしれない…

なんて思ってしまったのですね~(^_^;)

それがうまくできるかわからないし、殻の破り方もさだかではありませんが…

ところで、その本屋で自分の名前の載っているカット集を数冊だけ見つけたのですが

「まだあったんだな」と思う一方で、何をどんな風に描いたんだか、まるで記憶がないことに気付いたのでした;

|

« 消しゴムで消して見よう | トップページ | 薔薇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

くーろんさん こんばんわ~pig

自分の絵…知らない間にいろんな影響を受けて変わっていくけど基本は変わらないですよね
見本(写真や実物など)がないと描けない私は基本はどんなのか解らなかったりするのですが…
何もないところから作り描く絵にあこがれます。

自分の絵を描くのも大切ですが、人の意見も大切ですよね。良い環境にいてはったんかもしれませんよぉ

おおっ!自分のカットの絵の本があるのですか??
実は私も若い頃にマックで描いたCGが掲載されることが多く…(ニフティサーブ時代のheart02kissmarkエッチな絵がね…)


投稿: Fatbaby | 2010年5月26日 (水) 18時45分

自分の表現を仕事として受け入れてもらうのは、難しいものですね。どこか、妥協点があるのは、悔しいけど現実かな?とも思うこともあります。
自分が本当にしたいことと、自分にできることと、人に受け入れてもらえるものは、残念ながら、今の私は一致しないthink
すなわち、夢と現実と妥協の狭間でいったい何をすべきか??って悩みます。
でも、満足するのもどうかなと思います。
人生一度きりだもんね。

投稿: shuko | 2010年5月27日 (木) 01時55分

どっちも、間違っていないと思うんですよね。
プレーンでいやみのない絵を
書く人も大切だし。ご飯を食べるためにだとしても、
ニーズがあるわけで、それを割り切れる部分が
プロフェッショナルともいえますし...
私もどっちの仕事もしましたっけ。

おなじ1枚の絵でも、酷評されたり、このなかでは
これがいいよねといわれたり、編集者や先輩の
いうままに、ふらふらして定まらないというのは
私もよくあったし、これからも多分ゼロじゃないのかも...
人の言うことを気にしないで思うままに書いたら
どうなるか?って思いながらも、結局ちょっと歩み寄って
あまりグロテスクにはならぬよう、とかね...
本当にくびきから解き放たれて描いたら自分って
いったい何を描くのでしょうか。うーん、深い。

メールいただきましたよ!
私もしょーもないものを昨日かな?に発送しました。

投稿: めんまねえちゃん | 2010年5月27日 (木) 02時43分

Fatbadyさまhappy01

基本的な自分カラーみたいなのは何書いても同じだったりするのですが
もっと開放して描けたら…と、この時は思いました(^_^;)
「きも可愛い」のハシリだったかもしれません(^◇^)
今だったら当時より受け入れてもらいやすいかもですねgood

あの!萌え系の、ですよね~ナットクhappy02

shukoさまhappy01

先生でもそうお考えですか(@_@;)
なんて現実は厳しいのでしょうか…
そうおっしゃりながらもバランス取られて、上手に立ち回っておられる…
充実した、実のある日々を送られているように思いますよ~shine
素晴らしい!
見習ってくーろんも歩きださねば(^_^;)

めんまねえちゃんさまhappy01

この辺はねえちゃんもよーくお分かりかと思います;
そう!そこそこ!完全にくびきから解き放った時にどんなものが出来るのか…
本屋で見た画集は、それを見る限りでは解き放った世界に見えてすごく憧れてしまったんですよ~
(もしかして作者本人は制限を受けて、出版されたのかもしれませんが;)
綺麗な可愛いものも描きたいと思いますし、何より見て和める、安らげる世界を描くのが理想であり、目標なのですが
時に「それは本来の自分の欲求を裏切ってはいないか」と言う声がするような気がするんですね;
心の声のまま、魂の声みたいなものに突き動かされて描く…
そんなことを羨望してしまいました(^_^;)

ねえちゃんのところはメール届くかもドキドキなので
ちゃんと届いてよかったです~後は…荷物がきちんと届くか…だな;
ええ?何かお送りいただいた?なにかななにかな~shine
いつもありがとうございます~

投稿: くーろん | 2010年5月27日 (木) 06時40分

この記事へのコメントは終了しました。

« 消しゴムで消して見よう | トップページ | 薔薇 »